FC2ブログ

女性の方お待ちしています

129703720686916114172_IMG_7519.jpg

 先月には気仙沼地区への「三陸新報」広告掲載にあたり、「南三陸町じゃないと駄目ですか!?」と、二人目の男性の問い合わせがあった。同じ悩みを持つ独身男性の多い事を知った。
 「明るい南三陸町創造の会」は、地元の人口増加支援・観光発信支援もあり、「是非南三陸町に来てほしい」が原則としてあります。しかし、男性の希望だけでなく、結婚を考えているけど「地元の人じゃない人と!」と思う、女性の声も聴きます。こうした方のご要望には、気仙沼の男性への紹介もあるのではと思います。
 年齢を気にされて電話くれる方も居ますが、「35歳以上」だったら大丈夫と思っています。互いの将来設計の為、自分の生活の為、勇気をだして下さい。先週の土曜日は「栗原・大崎・登米」地区に82000枚を「かほく広告」に掲載配布(写真)しました。皆さんお電話下さいお待ちしています。
 今年を素晴らしい年に! 「けっこんしましょう!」 一人で悩んでいないで!

国際結婚


理想と現実の狭間に今「35歳以上」の独身男性仲間が、南三陸町には多くいる。理想は日本人花嫁なのだろうが、以外とこの壁は高く大きい。
 オーストラリアのサイクロン「ヤシ」の上陸で、避難地で国際結婚の日本人女性が女の子を出産した、たまたま医師がいて無事に出産をした。この写真が二人の幸せな顔、満面の笑みがある。
 昨日もある会で幸せな国際結婚の二人を見た。50歳位?で3年前に結婚したと言う、千葉さんにも是非紹介したいという。この選択も考える時代・年代を痛快する。
 私たちのメンバーは「日本人花嫁希望」が大半だが、確実に年をとるし、女性の結婚への憧れ・期待が薄れていく中で、初めから「国際結婚は?」ではなく、考える余地も持つ必要もある。
 幸せ過ぎる男性がここにはあった。母親も見てくれていますと言う!

冬景色の南三陸町

129676975332816322960_IMG_7338.jpg

 これが私の住む「宮城県南三陸町」の冬の雪景色です。この地区は「入谷」という昔は養蚕が盛んに行われ、県下でも有名でした。タバコの葉の生産も多かったが、タバコ値上げでたばこ畑も見られなくなった。
 そして今回「企業誘致」で、撚糸工場がこの地区に進出する事が決まり、入谷地区の「雇用の場」が生まれる。この地区も「花嫁さん」を探しています。
 自然いっぱいの南三陸町へ、都会の雑踏から脱出しませんか!人間関係で悩む人の多い都会から、地域の温もりのある「南三陸町」に、ぜひ一度お出掛け下さい。
 寒いようですが今日の部屋は「6℃」もありました。3月上旬の気温で、春はそこまで来ています、「貴方の春探しの旅路」に、この地を候補にお願いします。

南三陸ホテル観洋


写真は「ホテル観洋」さんの、河北「気仙沼リアスの風」に掲載された、広告です。こんな感じで独身の私たちの住む「南三陸町志津川湾」を、ホテルの露天風呂から眺める事ができます。
 湾に浮かぶ島々を、太平洋の水平線を、眼下に望む南三陸の海に、手が届きそうです。御馳走の写真は「かき」「ホタテ」「あわび」が勢揃いです。
 私たちの住む南三陸町に是非「お嫁さん」に来て下さい。その前に南三陸町の自然と風景を味わいに訪れ、交流を深めましょう!

皆さん来て下さい


7月からの活動していた「明るい南三陸町創造の会」の35歳以上の独身男性の結婚活動は、残す所今年度2ヵ月余りとなった。
 女性の募集に内陸部の「河北新報」のタブロイド判を活用する。昨日関係会社にデータを渡した。2月5日と2月12日の2回、各82000枚が大崎・登米・栗原に配布される。ぜひ読んで連絡下さい皆さんを待っています。
 結婚したい女性の方、お気軽に電話下さい。南三陸町の独身男性は本気です!