FC2ブログ

二人である喜び


共に南三陸町で自然の中で暮らしましょう!

喜びのゴールイン
 2人は大学のバスケットボール同好会の活動を通じて知り合い、交際を始めました。その後、新郎は大学を卒業すると一般企業に就職した。しかし、彼女は「講師のままではだめ。教員として本採用されてからでも遅くない」と反対されました。落胆したものの、その言葉をバネに仕事に打ち込み、努力が実った。披露宴用に配られた2人の紹介パンフレットに目に落としました。″相手の好きなところ〝の欄に、「怒った顔、笑った顔」(新郎)、「いつも守ってくれるところ」(新婦)と書かれています。いろいろな思いがあったのだろうと考えると、新婦が新郎のほおをハンカチで拭いている姿が微笑ましく見えてきました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する