FC2ブログ

遠距離恋愛


人と人との出逢いは「千差万別」である。この二人のカップルはどう見ても「叔父さんとギャル」的な視線を向けてしまう。この時点で自分は古い人間となってしまっている。
 奥さんが22歳で三重県白浜を一人で旅行中、タクシー運転手の36歳の旦那に誘われ、白浜を案内したのがキッカケだった。何処に恋愛の糸口があるか判らない。モーテルで二人で泊まったが何もなかった。
 数ヶ月して中間で会いましょうと大阪で再会、奥さんは茨城県の人間で、話しが合わないが「旦那のユーモア」がここにはある。四国を2泊3日で旅行し結ばれた。大阪からそのまま「茨城県」に彼女を送っていった。名古屋の上の方かなと9時間かけて親元へ、朝の4時に着きふたりで挨拶した。
 再度奥さんの所へ行き「結婚申し込み」に、父親は「しあわせにしてくれ!」と一言、14歳年上の彼は涙が止まらなかったという。
 注文が奥さんから一つ、「自分本意」だと言われた。夜の行為が自分ペースで、点数にすると50点で、今の男の子は30点の子供と、ふたり笑いながら話す。
 出逢いも・夫婦関係も色々である。しかし、男性は積極性とユーモアと、正直な所です。若い妻はこれが私の幸せですと話す。結婚はやはり「おもいろい」。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する