FC2ブログ

母は我が子を気遣う


私は「国際結婚反対者」ではない。しかし、周囲で起こっている国際結婚問題にどうしても疑問を持っている。
 昨日のテレビでの切実は「結婚問題」を母親が話していた。
 地元の仲介者の紹介で「韓国人」の女性を紹介されたと言う。見合いしてすぐ同姓し結婚した、その報酬は250万円だという。間もなく里帰りしそのまま帰ってこなく、数年がかりで「離婚」出来たという。
 母親の弱みに付け込む「悪徳紹介者」も少なくはない、農家の問題は「嫁不足」が深刻家している。農家の母親の老後の蓄えも、「我が子」の為に使う母親の「愛」がここにある。
 こういた問題を親任せにする事無く、自分から勇気を出し「飛び込ん」で来ませんか。町内のみ成らず町外の女性・男性のみなさん、南三陸町に来ませんか。「後継ぎ」という縛りにとらわれず、別な形での「ふたり」の生き方を一緒に考えましょう。
 行政の「おらほのまちの町づくり支援事業」です。南三陸町に問い合わせも可能です。南三陸町にとどまらず日本の人口増加と、「母親の苦労」の解消ともなります。気軽にコメント下さい。 
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する