FC2ブログ

ありがとう


朝の「連ドラ」の「いきものがかり」の、ありがとうを伝えたくて!が、この画面から始まる。ここ最近は二人の貧しい生活が続いているが、そこには苦しさの中に、「赤ちゃん」の笑顔と、夫婦の何気ない会話で、家庭に幸せがある。
 水木しげるは「ゲゲゲの鬼太郎」の作者であり、南方の戦争で爆撃を受け「片腕」を失った。しかしながら片腕で「マンガ」を一生懸命描く姿に、ヒロインは「おとうちゃん」の凄さを常に感じている。
 お父ちゃんの片腕と私の両腕があれば、何でもできます! と笑いながら、今の現実を生きている。
 結婚難は自分の生き方をしっかり持つ事、その共有で幸せが生まれ、「ふたり」の喜びとなる。違った生活環境での二人、合わなくて当然、ふたりの心を近づけ合う事で、「幸せを掴める」。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する