FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出逢いは偶然


このカップは嘘のような偶然の積み重ねがゴールインとなった。飛行機での席で隣の席だと思ったら一つ後ろで、彼女も間違えて座っていて、結局となりどうしだったという。このチャンスを逃すまいとアタック!
 以後会い話しをすると、親の都合で広島・九州・・・を点々、それも同じだという。結婚詐欺師の良く使う手だと、警戒した彼女、19歳でまだ若いと、両親と会う。大卒・ニッセン勤務、文句の付けようが無く結婚へ。
 ふたりの出逢いの偶然は、私達にはここまではないが、一生で何回かこのチャンスが巡ってくると言われる。こちらから「チャンス」をつかみに来ませんか!
 南三陸町の独身の男性・女性に、永遠の偶然の出逢いで「ゴールイン!」なんて、有るかもですよ。
 
スポンサーサイト

いつのまにか


とある会で彼としばらくぶりであった。
 忙しさでまだ独身をしている、優しさとボランティア精神は誰にも引けはとらないだろう。趣味も一生懸命で体力には自信をもっている。
 なかなか「この町」では女性との出逢いがないのが現状だ。何とか幸せになってもらいたい。
 しかし、紹介もなかなかない年に、いつの間にかなった、私も「そのうちに!」が現在に至った。みんなで一緒に「婚活しましょう!」。貴方を待っているヨ、南三陸町へ。

サユリスト


吉永小百合さんを永遠に思い続けている彼、南三陸町志津川の気質そのものに、純真・純愛を私と同じように持ち備えている。それ故に婚期を逃したのかも知れない?
 多趣味を持ちながら、現在は「人のため」とボランティア活動に、一生懸命にその身を捧げている。この日も楽しい仲間に囲まれ、一時を過ごした。
 多くの友達は彼の素朴さ人柄を、素晴らしいという。一途な気持ちの理解・共有できる「あなた」を待っている。これからは今までが報いわる、生活の実現を「仲間として」願っています。
 考えの交流会からはじめましょう!南三陸町へどうぞ・・・

拘りの大工職人


親戚でもある彼との付き合いは長い、「独身会」の結成以来、温泉・忘新年会で親交を深めているが、仕事の熱心さ故に追われる生活から出合いなく、49歳となってしまった。
 仕事は父親譲りの堅実で丁寧をモットーとして、親しみ安さから多くの人達から重宝されている。
 家族も優しく人を気遣う両親で、趣味は山野の花をこよなく愛し、庭には「さつき」なども沢山育てている。花の好きな方なら気持ちはきっと合いますね?
 ぜひそんな「あなた」を待っています。裸一つで来て下さいと言っています。
 南三陸町の自然の中で、いっしょに「のんびり」暮らしてみませんか

家族


「子供が早く欲しい」と25歳ぐらいから思い、願いが叶わないうちに53歳となりました。団体活動を通して子供達と触れ合っています。
 養子をもらい育てたいとの気持ちもまだありますが、夫婦である事が最低条件です。先ずは「理解信じあえる相手」が必要です。
 今日の朝2時のNHK番組で「特別里親制度」を紹介していた。身体的理由で子供が産めない夫婦がありました。NPO法人「環の会」の活動で、子供を育てられない母親から、子供を仲介する組織でした。養子縁組は会の「理念」の元、夫婦の厳正な審査・適応などの2日間の面接により、里親として認められる。
 縁組みなってから「母親が別にいる事を子供に伝えていく」がスタンスにあり、1歳未満児が対象と見ました。15歳の女の子「最後のバスケットの試合を母に見て欲しい」と手紙を送る。しかし、事情で来てはくれなかった、電話での連絡に涙を流し、里親の背中で彼女が泣き、里親の目からの涙も止まらなかった。
 「お母さんがいる事を共に理解する」、が里親との親子関係の仲にはあります。
 こんな温かい親子関係も「ひとり」では無理で、「ふたり」なら実現できます。新たな「夫婦関係」の在り方を模索していきませんか。
 宮城県南三陸町へ「いらっしゃーい!」 

無料招待


昨日は仙台秋保での寄り合いでの食事で、仙台からコンパニオンさんが10名、座敷で一緒になった。たまたま私の前にいた女性に「独身ですか?」。そうですけど30歳後半です。なかなか出会いが無いと話す彼女。
 「南三陸ホテル観洋」に無料招待しますから交流パーティーに来ませんか。と問いかけると、「嘘でしょう」と言葉が返ってきた。高級ホテルへの無料招待を信じてくれなかった。本当の企画です!と連絡待っているが?
 同席の同業者はもうすでに結婚していると話す。(写真)こんなカップルもあり得る。とにかく積極的なアプローチが必要です。愉快な 楽しい 期待ある男性を 女性は「アプローチ」を待っています。適度な強引も、女性は求めていると、数少ない経験から思います。
 男だけの宴会はつまらなく、女性の宴会で盛り上がります。私生活とて「ふたり」が絶対楽しい。

祝結婚


「婚活」支援の発信へのアクセスも、だんだん増えている。南三陸町在住の人情味あふれる独身男性をどんどん紹介していければと、仲間を募り活動しています。
 こないだの「モト冬樹」さんと、今日の「山田花子さん」の結婚は、他人ごとながら羨ましい。花子さんの結婚願望の凄まじさとアピール大勢が生んだ今回の結婚と受け止める。
 自分の気持ちを伝える、「けっこんしたーい!」、この強烈な発信が夢を叶えた。トランペットの指導の先生らしいが、こうした「何かを通した行動」で、将来の相手とめぐり会う。
 南三陸町へ是非御出下さい、「夢の実現へ」。
 

尺八の先生


先月の17日に町の公民館で、「尺八の展示会」がありました。福島の方で尺八造りをしていて、この町に来て気に入り現在は尺八の普及と、尺八造りをしていて販売もし、南三陸町に住んでいます、まだ独身ですと言ってました。一目で仲介者の説得で、この町に住み着く事を決めたと聞きます。
 こうした方が住みたくなる「南三陸町」です。名刺を頂き「星梵竹」さんで、尺八創作者らしき名前でした。「婚活」はさておいて、この町に一度きてほしい!素晴らしさを実感してほしいが、将来の相手を見つける以外の、もう一つの私の願いです。
 自分の視野・見識を広め、「新しい自分を創造」して見ませんか?明るい未来がここにはあります。サポートをして上げたい。一緒に楽しい人生を掴みませいか。少しの勇気で自分が変えられます。
 そのキッカケを私がプロデュースしたい。との考えからで、宮城県南三陸町、志津川・歌津を過疎へと進ませたくないのです。町出身の皆さんお力をアイデアをお貸し下さい。そして紹介して下さい。
 連絡は080-1801-6399千葉まで
 

開拓精神


野生のような成育の養豚家との出会いがあった。開拓精神の固まりのような人で、仲間が自然と集まってくる。山間の家で「コンサート」を開き、静かに暮らしている。南三陸町の仲間と自然と多くの産品を持ち寄り、定期的に交流を深めている。流れ流れて地元の女性と結婚され、自然に囲まれ生活を今している。
「ゲゲゲの女房」の主題歌で「いきものがかり」が歌詞で、ゆっくり歩こう・いつまでも笑っていたい、いう関係が「結婚生活」には必要と、この年になりつくづく思う。
 多くの人達の結婚観聞く事も自分を高められ、交流が結婚の第一歩です。膝を割って話しましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。